マネジメントスキルで生涯フリーランス

フリーランスをして活躍する道を切り開いていくためのアプローチとして企業等からの仕事を請け負っていくという道があります。そういった場合には企業がその内部で処理することができないような仕事を担えなければならず、高度な専門知識と技術とを有する仕事をすることが必要になります。収益を上げることを第一と考えている企業との取引を行う上では多かれ少なかれその影響を受けざるを得ないことから、請け負った仕事は多くの場合には時間的な早さと品質の高さとを同時に求められることになり、しばしば若い間にしか請けられないということすらあります。

したがって、晩年でも仕事が獲得できる道を考えることが重要になります。

その際に注目すべきなのがマネジメントスキルです。ディレクターのように何人もの技術者を統括してプロジェクトを動かす仕事では高度な専門知識が必要とされるものの、実際に労働力として大きな力を発揮しなければならないのはプロジェクトメンバーとなります。ディレクターにはそういった体力的な要求の高い仕事よりは、むしろそれぞれの技術者をよく理解し、その力を発揮させられるようにサポートし、プロジェクトが全体としてよりよく機能するように導くことが大切になります。

そのため、晩年になって体力的に負担の大きな仕事を行わずとも活躍できる道なのです。生涯をフリーランスを過ごすことを決意した場合にはマネジメントスキルを身につけることが肝要でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です